忍者ブログ

歩くんですの箱 SS置き場

躍動感を表現するにはどうすればいいんだろう……と日々考え中。

【けいおんSS】唯「このカメラ使ってもいいかな?」(再稿) Part02

Part02 (Part01の続きです)

憂(ふむふむ)

憂(やっぱり大きい本屋まで来て良かった~)

憂(沢山カメラの本置いてある)

憂(やっぱこの本が分かりやすいかな)

憂(うん、しっかりやりかた覚えてお姉ちゃんに教えてあげよ♪)

 ***

唯「う~い~」

憂「なぁにお姉ちゃん?」

唯「シャッター押せなくなっちゃったー」

憂(カメラの話題キタ━(゚∀゚)━!!!!!)

憂(勉強しておいて正解だったよ!)

憂「今行くよ~」

 ***


唯「ありがと憂、こんなことまで知ってて、やっぱり憂は頭いいね」

憂「そんなことないよ。今日本屋行ってちょっとカメラのことお勉強しただけ」

唯「憂はえらい子だね。よしよし」ナデナデ

憂「お姉ちゃん///」

憂「えへへ///」

 ***

昨日は憂に沢山カメラのこと教えてもらった。
本当に憂は物知りさんで感心。
私は早速、カメラを持って学校へ向かう。

唯「あ、ネコさん」

唯「そだ、折角だから写真撮ってみよ」

唯「カメラ、カメラっと」

唯「!」

唯(かわいい……)

唯「ほら、こっち向いて」

唯(この角度の方が良いかな?)

唯(う~ん、もう少し絞らないともふもふの毛がぼやけちゃうかな)

カチャン

歯切れの良いミラーの稼動音。
その音をどう思ったか、ネコは素早く塀の裏へと姿を消す。

唯「よし!」

唯(良い写真撮れたかな?)

唯(あっ!やばい遅刻しちゃうっ)

 ***

フィルムのカウンタはあっという間に上がっていく。
気付いたらもう、1本目のフィルムを使い切ってしまっていた。

憂「おかえり~」

唯「写真現像してきたよ」

憂「どれどれ見せて~」

初めて現像してみた写真。どんな風に撮れたかどきどきしながら、テーブルの上に写真を並べる。
最初の何枚かは憂が撮影したもので、ピースサインの私がいろんな角度から写ってる。さすが憂、どれもちゃんと写ってる。
私も憂の写真を何枚か撮ったけど、どれもぶれたりぼやけたりしてて、イマイチな写真ばかりだった。
あとは、晴れ渡った空にぼんやりと姿を浮かべる富士山、黒くつやつやしたもふもふの毛の猫、嬉しそうに笑ってこちらをみてる隣のおばあちゃん、路肩に咲く百合の花など、私が外で撮った写真。
へんなところがピンボケしたり、妙に斜めってたり、お世辞にも上手いとはいえないような写真ばかりだったけど

憂「へぇ~、こんな風に写るんだね。なんだか新鮮」

そう、それがまさに私の感じたことなんだ。レンズを通してみた景色はこんな風に見えるのかなって思うと、パッコンはすっごく豊かな感性を持ってて、私たちよりもずっと表情豊かな世界の中を生きてるんだなって思う。
私は、そんなパッコンに憧れて、写真の世界に入り浸っていった。

Part03へ続く

拍手[0回]

PR