忍者ブログ

歩くんですの箱 SS置き場

躍動感を表現するにはどうすればいいんだろう……と日々考え中。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【ごちうさSS】記憶よ、もう一度 - Part 16

Part 16

 【16】

 日曜日、わたし、千夜さん、メグさん、マヤさんの4人はリゼさんの自宅に押し掛けました。リゼさんも加えた5人の前には、NPASS反対運動のリーダーを務める天々座会長――リゼさんのお父様が座っていました。

リゼ「もうこんなことはやめてくれ!」

 まずリゼさんが叫びました。

リゼの父「こんなこと、とは?」

 対する天々座は冷静に聞き返しました。

リゼ「決まってる!NPASS反対運動のことだ!」

リゼの父「前に言ったはずだ。『リゼはリゼで自分の信じることをやればいい。俺は俺の信じることをする』と」

リゼ「誰にも迷惑を掛けないのならそれでもいい……けど!あの活動のせいで今何が起きてるのか知ってるのか!」

リゼの父「活動は順調だ。最近ではNPASS反対の風潮が強くなってきている。良い傾向だ」

拍手[0回]

PR

【ごちうさSS】記憶よ、もう一度 - Part 15

Part 15

 【15】

 週明け、学校に着くと奇妙な噂話が学校内を駆け巡っていました。

「最近流行りの万能細胞?あれって怖いんだねー」

「ノーベル賞取ったやつでしょ?怖いってどういうこと?」

「なんか、万能細胞から生まれた子どもって将来犯罪者になる可能性が高いらしいよー」

「ホントにー?」

 そんな会話があちこちから聞こえてきます。どうして急にそんな噂が?何がどうなっているのでしょう。

メグ「先週末の月刊誌でそういう話題が取り上げられたみたい」

チノ「週刊誌?だったら根も葉もない話じゃないですか!」

メグ「そうなんだけどね……ほら、前にチノちゃんが言ってた研究不正の話だよ」

 そういって、メグさんはわたしに週刊誌の切り抜きを見せてくれました。

拍手[0回]


【ごちうさSS】記憶よ、もう一度 - Part 14

Part 14

 【14】

 目を覚ますと、視線の先には見知らぬ天井が広がっていました。

チノ「あれ……?」

 ぼやけた目をこすってみても景色が変わる様子はありません。

チノ「そういえば……千夜さんの家に泊めてもらっていたんでした」

 わたしは体を起こし、ふらふらとふすまを開けて部屋の外にいました。廊下の先からあずきを煮る甘い匂いが漂ってきました。その匂いに誘われてわたしはよたよたと廊下を進みました。

千夜の祖母「おはよう、早いねえ」

チノ「おはようございます」

 そういえば今は何時なんでしょう。気になって見回してみると、壁に掛かった時計は六時前を指していました。

チノ「いつもこの時間から起きてるんですか?」

千夜の祖母「そうさ。和菓子屋ってのは朝からせにゃいけない仕込みがたーんとあるんだよ」

 なるほど、台所にはあずきが入った大鍋だけではなく白玉やらお餅やらいろんなものがあちこちに並んでいました。

拍手[0回]


【ごちうさSS】記憶よ、もう一度 - Part 13

Part 13

 【13】

 父は、新聞を読むときどの面もじっくり読み込む人でした。そうでなければこの記事自体見つけることは難しかったでしょう。問題の記事は今朝届いた新聞の社会面の片隅にひっそりと載っていました。

「NPASS研究所で研究不正、遺伝子制御技術に関する論文取り下げ」

 記事を読んだ父は

タカヒロ「だからNPASSは駄目なんだ」

と声に出して呟くほど息巻いていました。わたしも気になって、父が読み終わった後その記事を読んでみました。その記事によると、万能細胞を作る過程で遺伝子に制御を加えることで、生まれてくる子どもの性格や能力などを制御することを目指した研究が最近活発になってきていて、中でもNPASS研究所は有力な学術誌に数多くの論文を発表しているとのことでした。しかし、その論文の一部に改ざんなどの不正があったというのです。記事は『成果は本当に上がっていたのか疑いがもたれる』と結んでいました。

拍手[0回]


【ごちうさSS】記憶よ、もう一度 - Part 12

Part 12

 【12】

 その後のことはよく覚えていません。いつの間にかわたしは家に戻っていました。教会での出来事は夢だったんじゃないか、そんな風に思いました。でも、ココアさんがいないという事実が否応なくわたしに現実を突きつけました。

 捜索願は、その日のうちに父が出してくれました。

 ココアさんが最後に発した言葉が頭から離れませんでした。

ココア「――チノちゃん、ごめん」

 ココアさんはいったい何を謝っていたのでしょう。わたしの告白を受け入れなかったことでしょうか。それともわたしの前から姿を消してしまったことでしょうか。いずれにしてもココアさんは、謝罪の言葉だけを残して自分の意志で姿を消したのです。

拍手[0回]