忍者ブログ

歩くんですの箱 SS置き場

躍動感を表現するにはどうすればいいんだろう……と日々考え中。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


さよなら中央線201系キャンペーン

JR東日本八王子支社が「さよなら中央線」キャンペーン第1弾を開催しているが、その一環として、本日さよなら201系(H4編成)特別ツアーが開催された。今日は、三鷹駅を出発して、高麗川まで行った後河辺駅の留置線に入り、その後三鷹まで戻るという内容のツアーだったようである。管理人はツアーにこそ参加しなかったものの、これ以降の機会もほとんどないため、この201系を撮影しに行くことにした。

私が駅に到着したときには、上りホームの高尾方先端部に10人ほどの鉄道ファンが集まっていた。私はそこには入らず、一歩引いて撮影の時を待っていた。すると、14時30頃、下りホームを緩行線のE231系(回送)が通過して行ったため、シャッターを切った。日中の三鷹以西でこの光景を見られるのは珍しい機会ではないかと思う。(もしくは知らないだけで定期回送列車という可能性もあるが)

14時35分発の東京行きが出た後、すぐに201系の独特のライトが姿を現した。その瞬間、カメラを持った鉄道ファン達は我先にとカメラを構えた。脚立の上にのぼって撮影を試みる者もいた。201系はゆっくりと、しかしあっという間に通過していった。
201系が2編成残るのみになってからも、H7編成に乗ったり、見かける機会はしばしばあった。しかし、H4編成の方は、乗る機会はおろか、見かける機会すらも皆無に等しく、この差は何なのかと思っていた。今日は、見かけることの少なかったH4編成を撮影出来て、良かったと思う。

練習で撮影したE233系
練習で撮影したE233系

回送される緩行線E231系
回送される緩行線のE231系

狙っていたH4編成
今回のメイン「201系H4編成」。幕は臨時、特快ヘッドマークには専用のヘッドマークが表示されている。

最後に……、
H4編成青梅特快
珍しく管理人の前に姿を現したH4編成。(平成21年11月23日/西国分寺駅にて)

拍手[0回]

PR

GWの井の頭

今日は友人の誘いで吉祥寺の方へ出向いた。
そこで、京王井の頭線の写真を撮影してきたので記事を投稿してみることにする。
なお、帰りに中央線沿いを自転車で走っていると、青梅特快通用に入る201系を見かけた。タイミングが悪く残念ながら撮影できなかったが、営業運転を離脱したはずの201系を見ることが出来たというのは、それだけでもなかなか価値のあることだと思う。

オレンジベージュ
井の頭公園~三鷹台:オレンジベージュ

ベージュ
井の頭公園~三鷹台:ベージュ

ブルーグリーン
井の頭公園~三鷹台:ブルーグリーン

アイボリーホワイト
井の頭公園~三鷹台:アイボリーホワイト

オレンジベージュ
三鷹台~久我山:オレンジベージュ

ラベンダー
三鷹台~久我山:ラベンダー

ライトグリーン
三鷹台~久我山:ライトグリーン

拍手[0回]


西武新101系運行開始!

前回の投稿で紹介した西武多摩川線の新101系が、3月22日、武蔵境駅10時57分発の是政行きとして運行を開始した。武蔵境駅では出発式が行われ、多くの鉄道ファンや地元の方々に見送られ、営業に就いた。

該当車両は、1号車と4号車に府中市の小学生が描いた絵画がラッピングされており、華やかな様相となった。

出発式の看板 番線変更の案内
左:武蔵境駅で行われた出発式。ラッピングされた絵を描いた小学生の表彰などが行われた。
右:武蔵境駅4番線に列車が入線するのも珍しい機会だ。

車いすスペース 快走する新101系 新旧の並び
左:多摩川線に入った新101系には、車いすスペースも確保された。
中:現役として快走する新101系(武蔵境―新小金井)
右:新旧101系の並び(新小金井)

沿線住民の見守る中、武蔵境駅を後にする新101系。

拍手[0回]